沖縄一人旅 其の九 沖縄最北の果てまでイッテQ!

      2018/01/31

飲みすぎると歯止めの効かない俺です!

前日、また飲み過ぎて二日酔いで酒が残ってるが、早起きして出発!

 

沖縄北部を巡り、最北の辺戸岬を目指す

今回は沖縄本島北部を巡る旅だ!

とりあえず名護市へ!

県庁前からゆいレールで旭橋へ向かう。

旭橋駅すぐ近くの那覇バスターミナルへ。

那覇バスターミナルから名護バスターミナルまでは、高速バスで1時間30分で着く予定だ。

料金は2100円だ。

詳しくはこにら沖縄バスマップ

二日酔いのせいか、111番の名護行きのバス乗り場を迷って、なかなか見つけられなかった!

実際に行くと簡単に見つけれます。

6:10のバスに乗り出発!!

名護市までの距離も見たことのない景色を見ながらだと、1時間30分もあっという間だ!

無事に名護バスターミナルへ到着。

昨日は酔っぱらいながらも、予約できたニコニコレンタカーへ。

ちなみに名護市にあるイエローハットニコニコレンタカーをやっている。

今回は12時間のレンタルで2525円だ、安い!!

名護バスターミナルから名護市のイエローハットまでは、バスが通ってなかったので歩いて行くことにした。

キャリーケースを引いて歩くこと30分。

思ったより遠くて疲れた(^_^;)

タクシーを使えばよかったわ。

そして9:00開店とともにレンタカーの受け取り完了。

この日の目的地は美ら海水族館、今帰仁城跡、古宇利島にハートロック、大石林山、辺戸岬だ!

出発してまもなく何かを発見!

1日で北部の目的地を巡れるかな。

安全に気をつけて早速ドライブ!!

んて、ドライブ中に。

こんな山を見つけたので、なんか写真を撮りたくなった。

 

さっきの山へ行く途中に、北ぬ方御嶽の看板があったのでそちらへ向かう。

そして到着。

駐車場にチェーンが張ってあったが、近くに路駐して少しお邪魔した。

さすがにまだオープンしてないな。

だから俺が1番乗りだ!

鳥居をくぐると。

目の前に見える物が北ぬ方御嶽か!

期待してはなかったが、なんと立派な事!

 

神々しい。。

拝まずにはいられない🙏🙏

こういう神聖な場所だからか、空気もすごく澄んでいて心地良い。

北ぬ方御嶽を後にして、飲み物を買いにコンビニへ。

美ら海水族館の前売り券も売ってたのでコンビニで購入。

通常の入館料1850円が前売りだと1660円になる

あとはアメリカ生まれの沖縄育ち、ブルーシールのアイスも買った。

アイスをコンビニの駐車場で食べることにした。

美味しいに違いないが、俺の舌だと他のアイスとの違いが何もわからないな。

とりあえず美味しいのは間違い!!

ということでアイスを食べ終え、美ら海水族館へ!!

美ら海水族館へ到着

何もなく無事に到着。

右にエメラルドビーチが見える。

 

ええ眺めやー。

先に見えるのは伊江島。

サトウキビ由来の伊江島ラム酒、イエラムが有名だ!

入館券を渡し入館、ちなみに時間と料金はこちら⏬

営業時間

期間 開館時間 閉館時間(入館締切)
通常期 10月~2月 8:30 18:30(17:30)
夏期 3月~9月 8:30 20:00(19:00)
休園日 12月の第1水曜日とその翌日(木曜日) 海洋博公園の全ゲートが閉まり、公園内に入園できません
  • 駐車場から距離があります。時間に余裕をもってお越しください。
  • 上記以外の日(年末・年始等)は通常通り開館しております(台風等による臨時休館を除く)。
  • 沖縄美ら海水族館では、「安全に、快適に、清潔に」みなさまをお迎えするため、休園日に各施設の設備点検作業等を実施いたします。
    ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

入館料金

入館時間 年間パスポート
8:30~16:00(通常料金) 16時~入館締切
(4時からチケット)
一般 団体<20名以上>
大人 1,850円 1,480円 1,290円 3,700円
中人(高校生) 1,230円 980円 860円 2,460円
小人(小・中学生) 610円 490円 430円 1,220円
6歳未満 無料

※無料入館日はこちらをご覧ください

定番の観光スポットなだけにお客さんもいっぱいだ。

1番人気のジンベエザメ

人だかりが1番やはり多かった!

ダイオウイカ

こっちの方がわざわざ来て見た甲斐があった気がする。

美ら海水族館を出てビーチに行き、写真を撮った。

美しい海だ!

美ら海水族館は意外にも、1時間ですぐに見て周れると思う。

あっけなくも感じたが、満喫した!

 

はじめてのヤギを食べる

このあとは世界遺産今帰仁城跡へ!

その行く途中に道の駅を見つけたので昼飯!

駅でヤギを飼っていた。

images (4)1134265537..jpgimages (5)78572375..jpg

メニューを選ぶがヤギの顔を思い出して悩んだ末、ヤギ汁定食を注文!

沖縄ではお祝い事に出されたり、薬膳料理として滋養強壮にいいらしい!

あのヤギもこのあとには。。。

そしてヤギ汁定食のお出ましだ!

頂きます。

濁ってて、期待通りのいい色をしているwww

食べるとヤギ汁は思ったより、かなり獣臭い。

例えるなら動物園の中でも強い獣臭がする場所にいる感じかな。

糞とか尿とか混ざった匂いというかwww

出てきた料理は調理をミスしたのか、味がなかった。

調べると塩で薄味にして仕上げるのがヤギ汁みたいだ。

今の沖縄の若い人は臭いのが苦手らしく、あまり食べないらしい。

カウンターに醤油、塩があったので取りに行ってかけてみた。

お湯に醤油と塩の味と獣の匂いがするだけだ。

獣の香り程にスープに出汁が出てない。

あまり出汁が出ないのかな。

ヨモギ、生姜は臭みを取るために入れるみたいなので、入れて食べてみた。

まあまあ食える!

肉は固くゴムみたいだ。

あとで店員さんが味が薄いならと言って、塩を持ってきてくれた。

すかさず土俵入りかのように、塩を投げ入れなんとか完食した!

精力がみなぎってきたような気もする。

口臭はヤギの匂いになってしまった。

ちなみにここは島やさいを使ったサラダバーもあり、食べ放題で種類も豊富だ!

オリジナルドレッシングもあり、これも島やさいを使ったドレッシングである。

1番これが美味しく食べられたかも!

食堂をあとにして、車に乗り込むとヤギの匂いがこもる。

誰かとすれ違う度に、こいつはヤギなんじゃないかと勘違いされかねないなwww

 

世界遺産 今帰仁城へ

車の窓を全開にして、ヤギ男になった俺は世界遺産、今帰仁城跡へ。

そして到着。

入館料金はこちら⏬

観覧料

個人 団体(10名以上)
大人 400円 320円
小中高生 300円 240円
小学生未満 無料 無料

※観覧料は今帰仁城跡と歴史文化センターの共通券となります。

※歴史文化センターのみの利用の場合は150円となります。

詳しくはこちら世界遺産 今帰仁城跡

 

 

敷地面積はだいぶ広い。

やはり、通常の日本の城とは違う。

万里の長城みたいだ。

行ったことないけどwww

今帰仁城跡に併設されている、今帰仁村歴史文化センターも見学。

感想はよくある歴史博物館だ。

今帰仁城跡と今帰仁城歴史文化センターを含めて、全て見学すると1時間30分〜2時間かな。

琉球、今帰仁村の歴史を学んだ後は古宇利島へ!!

古宇利島はインスタ映えするスポットがたくさん

快適なドライブが続き、問題なく古宇利島近くまで来た。

その手前のカフェに立ち寄る。

美らテラス

営業時間:11:00~18:00
(夏季営業):10:30〜18:00
※夜間営業は要予約 19:00~21:00(LO 20:30)

インスタ映えするなー、ここは。

カフェも何軒か立ち並んでいてどれもオシャレだ!

お店はこちらから美らテラス

とりあえずしょうもない写真を撮ってみた。

 

古宇利大橋を渡り、恋人達の聖地まで!

古宇利島へ着き、古宇利ビーチへ。

カップルが多く、俺みたいなヤギ男は一人はいなかったwww

そして古宇利オーシャンタワーの手前から。

景色を見たあとは古宇利オーシャンタワーから車で15分。

恋人たちの聖地!

ハートロック

近くの駐車場から徒歩5分程で。

ハートロックがお目見え。

無理矢理感があるな。

これ、ハートかwww

みんな写真をセルフィーしてる。

ハートロックよりここにいる自分を見て!って感じが現場にいてもよく伝わる(*^^*)

そして、古宇利島から本島へ戻る。

そのまま、本島を北上する。

沖縄北部のパワースポット 大石林山へ

沖縄本島最北、国頭村の道の駅に行って休憩。

レストランもお土産店も複数あり休憩には最適な場所だ!

休憩を済ませて次の目的地、大石林山へ!!

到着!!

大石林山は駐車場の受付で入山料を払う。

利用案内とアクセス(営業時間・料金・アクセス)

受付時間 4月〜9月 9:00〜17:00(18:00閉園)
10月〜3月 9:00〜16:00(17:30閉園)
営業日 年中無休

 

一般料金 個人 大人 820円
小人 520円
団体15名以上 大人 740円
小人 470円
障害者(障害者手帳をお持ちの方) 大人 410円
小人 260円

※小人は4歳から中学生まで。高校生から大人料金となります。

駐車場からシャトルバスで、下の写真の俺のいる散策コーススタート地点「精気小屋」まで来れる。

バスの所要時間は10分くらいだ。

バスは1台で何度も往復してるから、そんなに待つこともない。

ところで大石林山とは。

大石林山(だいせきりんざん)は沖縄本島最北端の辺戸岬近くに位置し、2億年前の石灰岩が、雨水などで長い年月をかけて侵食されてできた日本で唯一の亜熱帯カルスト地形。

カルスト台地に石灰岩が露出している状態をピクナルといい、ここのピクナルは最大で約10メートルもある。

詳しくはこちら大石林山とは

そして散策コースが4つある。

美ら海展望台コース、亜熱帯自然林コース、巨岩石林感動コース、バリアフリーコース。

全コースを行く予定だ!

最初に巨岩石林コースへ行くと奇岩がたくさんある。

下はゴリラ岩www

縁結びの岩。

ヤギ男は縁を求めてない、でも写真は撮った。

何の岩かところどころ忘れてるわwww

下の写真は女性からの人気を集めている、輪廻生まれ変わりの石。

 

石の中央に空いた大きな穴を3回くぐることで、生まれ変わることができるという。

まず1回目で、失恋や失敗、病気といった悪い過去を捨てることができる。

2回目でリセット、3回目で新しく生まれ変われるのだそう。

ヤギ男も3回くぐった!

「骨盤石」とセットでお祈りすれば、子宝の石になるともいわれている。

そして骨盤石!

これで子宝に恵まれるな。

ある意味、気をつけなければいかんwww

この辺のソテツのでかさにはビックリする!!

一番パワーが集まる岩と言われている悟空岩

岩だけに言われるかwww

そして階段を駆け上がる!

開運の石

この石にもパワーがあるみたいだ。

 

波動によって精神を安定させ、運気が向上すると言われている。

パワーストーンみたいなものか。

と思ったらパワーストーンって書いてたわ!

ずっと進むと美ら海展望台コースに出た。

そして一望できる展望場所へ!

向こうに見えるのが沖縄本島最北端、辺戸岬か。

ここもいい眺めだ!

気分良く景色を眺めたあとは戻る。

その戻る道をバリアフリーコースを使って行ったら銭加那志がある、じんがなしいと読む。

これはお金は大事にしなさいという意味。

丸い穴が多くあいている事から「銭石(じんいし)」と呼ばれ、
石をなでたり、銭袋に投げ銭をし、入るとお金がたまると言い伝えられている。

投げ銭をして入らなかったのでお金はたまらないなwww

金運神社に行ったのに。

ここから亜熱帯自然林コースを使って、駐車場まで戻る。

その途中にもう一つの有名なパワースポット

御願ガジュマル

日本最大の巨大ガジュマル。

樹冠の回りは日本一広いと言われている御神木なのだそう!

調べないで来たから、より感動した!

ガジュマルとは

ガジュマルは熱帯〜亜熱帯に分布する常緑高木で、日本では屋久島〜沖縄に生える。高さは10〜20メートルほどになり、枝から多数の気根を出す独特の姿をしている。沖縄では老大木になると、生えている場所によってはその特異な形状が神秘・奇怪に見えるところから、昔は木の精霊が宿るものとして香炉を置いて神木霊木にしたり、あるいはキジムナー(木の精)が住むものとして怖がられもしました。

このガジュマルは発見時に、写真を撮ろうとしたカメラが次々と壊れたらしい。

後日浄めのお祈りをすると、それから普通に写真撮影ができるようになった。

これがきっかけで御願ガジュマルと呼ぶようになったとさ!

沖縄の伝説の精霊キジムナーは、ガジュマルに宿ると言われていることからここで会えるとも。

ちなみに写真を撮ると光の色が変わっていることも多いとか。

俺の写真は何にも変わってない。

なんとなく拝まずにはいられなくなり、拝む🙏🙏🙏🙏

ここ最近パワーをもらいすぎて、下からも満ち溢れちゃってるかもwww

 

この日、最後の目的地 沖縄最北端辺戸岬へ

大石林山を後にして今回の最後の目的地、辺戸岬へ!!

大石林山から車で15分程で到着!

祖国復帰闘争の碑

この碑は名文とのことなので原文のまま書く。

「吹き渡る風の音に、耳を傾けよ、権力に抗し、復帰をなし遂げた大衆の乾杯の声だ。

打ち寄せる波濤の響きを聞け、戦争を拒み平和と人間解放を闘う大衆の雄叫びだ。

“鉄の暴風”やみ平和のおとずれを信じた沖縄県民は、米軍占領に引き続き、1952年4月28日サンフランシスコ「平和」条約第3条により、屈辱的な米軍支配の鉄鎖に繋がれた。

米軍の支配は傲慢で、県民の自由と人権を蹂躙した祖国日本は海の彼方に遠く、沖縄県民の声は空しく消えた われわれの闘いは 蟷螂の斧に擬せられた。

しかし独立と平和を闘う全世界の人々との連帯であることを信じ、全国民に呼びかけ、全世界の人々に訴えた。

見よ、平和にたたずまう宜名真(ギナマ)の里から、27度線を断つ小舟は船出し、舷々相寄り勝利を誓う大海上大会に発展したのだ。

今踏まえている土こそ、辺戸区民の真心によって成る沖天の大焚火の大地なのだ。
 1972年5月15日、沖縄の祖国復帰は実現した。

しかし県民の平和への願いは叶えられず、日米国家権力の恣意のまま軍事強化に逆用された。

しかる故に、この碑は喜びを表明するためにあるのでもなく、ましてや勝利を記念するためにあるのでもない。

闘いをふり返り、大衆が信じ合い、自らの力を確め合い決意を新たにし合うためにこそあり、人類の永遠に生存し、生くとし生けるものが自然の摂理の下に生きながら、え得るために警鐘をならさんとしてある」

以上。

この碑文の慟哭たるや。

沖縄は結局日米の軍事利用の都合により、恩恵はあるらしいけど、恩恵を受けていると感じてる人は多くないみたいだ。

意識低い系の俺、ヤギ男には想像できないが、この碑文を読むと苦しみ、悲しみ、憎悪、嫌悪、空虚、無念、怒りが伝わる。

色々と問題はあるが今後、沖縄の悲しい歴史を塗り替えるくらいに日本は頑張ってほしいものだ。

でも悲しい歴史は忘れてはいけない!

と意識低い系のヤギ男は意識高く思った。

そして誰かが勝手に作ったと言われる琉球鐘鬼門。

そして最後にまた漆黒の海。

辺戸岬からは与論島が見えるらしいけど、写真はない。

有名な百合ヶ浜が見えてたような気もするが気のせいか。

辺戸岬も満喫し、名護へ戻る。

辺戸岬から名護へは49.5キロあって1時間強で戻れる。

この日は無事に行きたいところも行けて充実した1日になった。

まだまだ続く。。

続きを読む 沖縄一人旅 其の十





まだまだ駄文ですが少しでもいいなと思ったら⏬の方をクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

にほんブログ村




人気ブログランキングへ


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




【お得で便利な宿泊サイト情報】


今キャンペーンでBooking.comアプリでクーポンコードを使えば¥2,000キャッシュバック!

クーポンコード kyagor22
URLはこちら【Booking.com】

特典を使うためには、クレジットカードデビットカードの登録して予約をするだけ!

チェックアウト後に登録したカードにキャッシュバックだ!


【必見!オススメの宿泊予約サイト】



色々と比較して見るならここ!!



旅先のホテル予約 観光スポットの口コミも見るならここ!!



見やすさ使いやすさ1番 キャンセル無料でお得な料金プランまで!!



何でもあり、何でも使える最強のポイントが貯まる!!



国内最大手の宿泊予約の定番サイト!





 - 沖縄一人旅