長野一人旅 其の十一 松本城は武将、忍者、姫君までいる

      2018/02/11

松本城へ入城 入場料はいくら

松本人志を散策、いや松本市を散策してた俺です!!

 

ということで松本城へやっと着いた!

 

この石碑に刻まれた字体がカッコイイ!!

 

大河ドラマのタイトルにありそうだ。

p_20160616_15231398978243.jpg

p_20160616_140659331755239.jpg

この辺りは入場料を払わなくても散策できる。

 

だから、地元の人もたくさんいるようだ。

 

そして松本城とは。

松本城は、長野県松本市にある日本の城である。安土桃山時代末期-江戸時代初期に建造された天守は国宝に指定され、城跡は国の史跡に指定されている。松本城と呼ばれる以前は深志城といった。市民からは別名烏城とも呼ばれている。しかし文献上には烏城という表記は一切ない。

詳しくはこちら2つから

松本城 松本城のホームページ

 

この日は絵を描いてる人がたくさんいた。

 

水彩画を描いてたな、この人は。

p_20160616_1406311288160419.jpg

 

 

p_20160616_1418161155769425.jpg

松本城が素晴らしくて、何回も写真を撮ってしまう。

 

小さいながらも威風堂々とした出で立ち。

 

外観の色が厳格さを感じる。

 

そしてこの黒門から入場料金がかかる。

 

入り口は下の地図で丸くマークした所からだ!

入り口の黒門。

p_20160616_1422491957673477.jpg

黒門は本丸へ入る重要な入り口です。

この門を入るとかつては本丸御殿がありました。本丸御殿に通じる格調高い正式な門という意味で、当時の最高の色調である黒の名を冠して「黒門」と呼んだと考えられています。

入場料は下のこちら!

観覧案内

国宝松本城の観覧料

国宝松本城天守(本丸庭園内)観覧料 – 松本市立博物館との共通券
大人 小・中学生 備考
個人 610円 300円
団体 550円 270円 20名以上、99名まで
480円 240円 100名以上、299名まで
420円 210円 300名以上
※小学生未満は無料です
※その他、詳細等については管理事務所にお問い合わせください

開場日

年末(12月29日から31日)を除き無休

開場時間
通常 8:30~17:00(最終入城は16:30まで)
ゴールデンウィーク期間平成29年4月29日(土)から5月7日(日)まで 8:00~18:00(最終入城は17:30まで)
夏季期間平成29年8月5日(土)から8月16日(水)まで
1月1日から3日の開場時間は、松本城管理事務所までお問合せ下さい

観覧所要時間

松本城天守内の平均観覧所要時間は約45分から60分です。

 

松本城は武将から忍者までいる

p_20160616_1522551621399658.jpg

入場してから松本城天守の説明を見てたら、何やら人の気配が。。

 

入場するなりまた曲者か!!

 

曲者によく遭遇するから、もう学習してるぞ!

 

背後を取ったwww

p_20160616_14285859704786.jpg

でもすぐに気づかれ、正面を向かれた!!

 

p_20160616_142727365175986.jpg

相手は武器を持っている!

 

俺の人生はここまでかと覚悟を決め、一騎討ちをしたが、決着がつかず互角だったので和解したwww

 

戦いを終え、記念写真だwww

なんて、そんな一騎討ちをするような事はないwww

p_20160616_1427081283464762.jpg

もうすぐに松本城に入城だ!

p_20160616_1430221854671688.jpg

まーた、曲者が現れた!!

p_20160616_145546116931627.jpg

手強そうなので忍者はスルーして入城したwww

 

ところでさっきのこの人達は。

「松本城おもてなし隊」のご案内

  • 松本城おもてなし隊
  • 松本城おもてなし隊

国宝松本城では、9:00~16:00の間、本丸庭園内に忍者などの装束をまとった「おもてなし隊」が登場します。
お手持ちのカメラをお預かりして撮影したり、おもてなし隊と一緒に撮影することができます。
来場の記念にご利用ください。※天候により時間などの変更があります。

この様な人達が松本城にいる。

 

姫君にはすぐに会いたいと思ったwww

 

しかも撮影は無料なので、必死に探して記念写真を撮るのもいいだろう!

 

俺は姫君を必死に探すwww

 

松本城へ入城

そして姫気味を探すミッションを自分に課して、松本城へなんとなく城主気分で入城する!

 

入城すると、すぐに松本藩歴代城主の一覧が書かれておるのう。

p_20160616_142313545117385.jpg

城主気分のワシの名前は書かれてないようじゃ。

 

当たり前じゃの。

 

これは蕪懸魚というらしいみたいじゃ!

蕪懸魚(かぶらげぎょ)

懸魚は本来中国では火災除けに魚の形をしていますが、日本では蕪の形を用いてきました。天守を外から見た時についている三角の破風と呼ばれる部分についています。ここに展示されているものは、昭和の修理で取り替えられたものです。

中は天井がかなり低く暗いのう。

p_20160616_144415562713556.jpg

p_20160616_143617502666187.jpg

階段ははしごのような傾斜だから、気を付けなければ足を滑らせる危険もあるぞ!

p_20160616_143255810155274.jpg

気をつけるのじゃ!

 

ここは2階だったかな、そこからの景色。

 

うむ、立派な庭園じゃ!

 

武者窓/竪格子窓(たてごうしまど)

p_20160616_143702-12145863675.jpg

3連・5連の竪格子窓が見られます。格子に使われている部材は13×12センチメートルで、ここからも火縄銃を撃ったと考えられています。

長篠の合戦の図

 

うむ、よく描けてるのう。

p_20160616_1442051051068341.jpg

長篠の戦いは、戦国時代の天正3年5月21日、三河国長篠城をめぐり、3万8千の織田信長・徳川家康連合軍と、1万5千の武田勝頼の軍勢が戦った合戦。 決戦地が設楽原および有海原だったため長篠設楽原の戦いと記す場合もある。

詳しくはこちらじゃ長篠の戦い

 

火縄銃、よくできた銃じゃ。

p_20160616_1443102010581185.jpg

火縄銃(ひなわじゅう、英: Matchlock gun / Arquebus)は、初期の火器(火砲)の形態のひとつで、黒色火薬を使用し、前装式で滑腔銃身のマスケット銃の内で、マッチロック式(火縄式)と分類される点火方式のものをさす。 通常、日本では小型のものを鉄砲、大型のものは大筒と称する。

少し大きめの銃じゃな。

 

馬上筒

p_20160616_144150571319996.jpg

紀州徳川家「南紀徳川史」(徳川茂承によって編纂が開始され1901年に完成した歴史書)。この書物に真田幸村(信繁)が大坂夏の陣で家康を追いつめ、馬上筒で狙撃しようとした際、馬が揺れて手にしていた馬上筒を落としてしまったため家康は家臣に守られ逃げることができたという記述があります。この後、真田隊は敗退、幸村は討たれてその命を落としました。

その際、幸村が落とした馬上筒が紀州徳川家に伝わって、明治時代まで密かに保存されていたと言われています。

火縄銃のオーディションかってくらいに火縄銃があるのう。

 

HNJ48でも作るじゃなwww

 

当世具足

p_20160616_144046-11613355989.jpg

鎧はやはり重そうで動きにくそうじゃが、ちゃんと身を守れそうじゃな!

 

ちなみに20kgくらいあるみたいじゃ。

当世具足(とうせい ぐそく)とは、日本の甲冑の分類名称の一つ。戦術の変化、武器の進歩、 西洋甲冑の影響などのさまざまな要因により、 室町時代後期から安土桃山時代に生じた鎧の形式。

詳しくはこちらじゃ当世具足

 

洒落てるのう、これも銃みたいじゃ!

p_20160616_144320670839832.jpg

象がんで装飾された銃
泰平の世の中になると、武具としての銃に模様を刻んで、美術品としての色合いがつけくわえられた。

「南城佐兵衛作」と刻まれているこの小筒の銃身には藤の花の模様を彫り、銀や真鍮をはめ込む象がんという金工術が施されている。

松本城鉄砲蔵の銃の中に、家紋・文字・動植物などが彫り込まれたものがある

豪華な駕籠じゃ!

松竹梅と桐紋蒔絵の女乗物

p_20160616_1508571684443142.jpg

城主の奥方が使用したものか

この女乗物は戸田家に伝来したもので、昭和61年(1986)3月、現在の戸田家の当主英冠氏が松本市へ寄附したものです。
引戸を横にひき、屋根の一部をはね上げて出入りする構造で、屋根は唐破風(からはふ)です。窓には御簾(みす)と紫房をかけています。内部は折上げの格天井(ごうてんじょう)で、中の金地には草花木が描かれています。
乗物自体と長柄は錆(さび)色に梨地の漆塗りで、蒔絵(まきえ)の松、竹、梅と大きな五三(ごさん)の桐紋が散らしてあります。城主の奥方などが使用した乗物と推定されます。

何だったか忘れてしまったのじゃ。

p_20160616_1508322010329539.jpgp_20160616_1434391972670945.jpg

戸田家の甲冑らしいのう。

p_20160616_1509461213277844.jpg

陣羽織、誰の物がわからないみたいだのう。

p_20160616_150932718121307.jpg

そして天守の最上階じゃ。

p_20160616_144805454995289.jpg

守護神二十六夜社勧請の謂れ

天守六階小屋梁の上に二十六夜社を勧請したのは元和4(1618)年である。
其の年の正月、月令二十六夜の月が東の空に昇る頃二十六夜様が、天守番の藩士、川井八郎三郎の前に美婦となって現われ神告があった。

「天守の梁の上に吾を奉祀して毎月二十六日には三石三斗三升三合三勺の餅を搗いて斎き、藩士全部にそれを分ち与えよ、さすれば御城は安泰に御勝手向きは豊なるぞ」。

翌朝このことを藩主に言上し、翌二月二十六日に社を勧請し、以来明治維新に至るまで其のお告げを実行してきた。
お陰で松本城天守は多くの危難をのり超えて無事今日に至っている

天井に神棚があるのう!

 

これが、守護神二十六夜社じゃ!

p_20160616_1448171502230138.jpg

p_20160616_1434101648242737.jpg

ここからはかなりいい景色じゃ!

 

瓦で仕切りがあるがここは本丸御殿跡みたいじゃ。

p_20160616_1450021720372385.jpg

本丸庭園の中に、瓦を使って仕切りをしてある部分が本丸御殿です。

右下の図は、本丸御殿の復原図です。主要建物は五棟、部屋数は60余り、建坪は830坪(約2,730平方メートル)。御殿の周囲をめぐる塀は長く続いて、西では天守側と北では内馬場側を区切っています。天守築造と同時に建設されたと推定されています。藩の正政庁で、城主の居館でしたが、享保12年(1727)閏正月朔日火事により焼失しました。

天守の最上階まで行ったが、姫君がおらん。

 

しばらく、散策を続ける事にする。

 

太鼓門じゃ。

p_20160616_1503311660782057.jpg

太鼓門枡形の一の門をいいます。江戸時代は倉庫として使用されていました。明治初年に破却されましたが、平成3年から発掘調査、同4年に石垣の復元を完了し、同11年に土台石の形に合わせて柱を削り、太鼓門が復元されました。樹齢400年の檜、梁は140年の松を使用しています。

この大きい岩は玄蕃石と言うのじゃ!

p_20160616_150358729415494.jpg

松本城最大の石で、重さ約22.5トン(玢岩/ひんがん)あり、松本の東、岡田か山辺の石といいます。松本城を築城した石川玄蕃守康長が運ばせた巨石で、運搬の苦労を物語る伝説が伝えられています。康長の名にちなんで玄蕃石と呼ばれています。

p_20160616_150414654601209.jpgp_20160616_150214331996903.jpg

 

姫君と黒門で出会えた

松本城を一周りして、帰る途中にやっと姫君に会えたのじゃ!!

年齢など許嫁など聞いたが内緒みたいじゃ!

 

ワシの許嫁にならないかと言ったら、断られてしまったのじゃ!

 

やはり誰か許嫁がいるのかのう。

 

でもワシはこれだけでもう満足じゃ!!

 

この日は松本城をあとにして、そこから徒歩3分ほどにある

バックパッカーズ松本の宿へ!

 

長野に来て、ご利益がMAXなはずなのに何もないな。。

 

続きを読む 長野一人旅 其の十二

 





まだまだ駄文ですが少しでもいいなと思ったら⏬の方をクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

にほんブログ村




人気ブログランキングへ


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




【お得で便利な宿泊サイト情報】


今キャンペーンでBooking.comアプリでクーポンコードを使えば¥2,000キャッシュバック!

クーポンコード kyagor22
URLはこちら【Booking.com】

特典を使うためには、クレジットカードデビットカードの登録して予約をするだけ!

チェックアウト後に登録したカードにキャッシュバックだ!


【必見!オススメの宿泊予約サイト】



色々と比較して見るならここ!!



旅先のホテル予約 観光スポットの口コミも見るならここ!!



見やすさ使いやすさ1番 キャンセル無料でお得な料金プランまで!!



何でもあり、何でも使える最強のポイントが貯まる!!



国内最大手の宿泊予約の定番サイト!





 - 長野一人旅