沖縄一人旅 其のニ 金持ちになれる!?そして首里城へ

      2018/03/19

ナハナハ!!

那覇那覇!!

せんだみつおです。

ってかなり古いギャグを言う意識低い系の俺ですwww

一昔前にせんだみつおゲームが流行ったけど若い人はわからないよなー。

今回は那覇市の定番のスポットを巡ったのでアップする。

定番スポットを巡るといい、さっきギャグの言い回しといい面白くないかもなーwww

沖縄観光の定番 首里城への行き方

ってことで早速、首里城へ向かう!!

県庁前の海風ゲストハウスに宿泊してたので、行き方はゆいレールで県庁前からで首里駅へ。
ゲストハウス 海風

所要時間15分、300円で儀保駅へ行ける。

沖縄に遊びに来てる人は、1日乗車券を買ってるとは思うが。

1日乗車券、2日乗車券

乗り放題で便利な1日乗車券。24時間有効で便利。

ゆいレールで途中下車の旅を楽しむなら1日乗車券や2日乗車券が断然お得。券売機で買った時間から24時間(1日乗車券)・48時間(2日乗車券)有効なので、気になるエリアをチェックして思う存分、那覇を楽しんでください。

割引特典有り
1日乗車券・2日乗車券を提示すると割引を受けられる施設があります。

詳しくはこちらゆいレール乗車券

儀保駅からは、首里城まで1.3km。

歩いて行く予定なので計30分で着く見通しだ!

あと県庁前からバスで首里城に行くと、計45分、230円で行けるみたいだ。

タクシーだと5kmを走行して約20分1000円前後で行けるみたいだ。

ゆいレールに乗ってると東京と変わらず、通勤の人と観光客で、乗客は時間帯によってはいっぱいだ!

そして首里駅へ着いた。

金持ちになれるかな!?

歩いて首里城へ向かうが、その行く途中に観光マップにも載っていたお寺があったので、参拝して御朱印を頂戴することにした。

だるまで有名らしい西来院達磨寺

img_20170921_130809942364686874.jpg

西来院(さいらいいん)は沖縄県那覇市首里赤田町1丁目に位置(外部リンク)する臨済宗妙心寺派の寺院です。開山は菊隠宗意。山号は達磨峰、寺号は達磨寺。万暦年間(1573~1619)に菊隠宗意によって建立されたとされていますが、実際には建立時期はそれ以前に溯り、観音菩薩を本尊とする寺院でした。

当初は沖縄県那覇市儀保町1丁目に位置(外部リンク)していましたが、明治時代に現在地に移転。沖縄戦で焼失しましたが、再建されました。現在は那覇十二支巡り(テラマーイ)、水子供養などで民間信仰を集めています。

詳しくはこちら西来院達磨寺

意外にも参拝客がたくさんいた!

とは言っても観光マップに載ってるくらいだから、当たり前か。

img_20170921_1310504462108458155.jpg

絵馬を見ると参拝客が多いみたいだ。

img_20170921_1325522291280739002.jpg

img_20170921_1313189151940990255.jpg

御朱印をお願いし、その間に拝む🙏🙏。

本堂の前に達磨寺のだるま、なでだるまがある!!

img_20170921_1311110311676504254.jpg

ある映像業界で有名な舐めだるまを思い出させてくれる、このなでだるま!

男性なら舐めだるまはわかるかなwww

身体の悪い箇所をなでると、その箇所が良くなると言うらしいので。。。

いろんな所をなでなでした!

頭や胸やら。

そして下半身もしっかりとwww

下半身の方はすぐに元気になった!!

すぐに効能が出るみたいだwww

なんて冗談はさておき。

本堂の参拝を終え、隣にある稲荷神社の鳥居を発見。

img_20170921_132328618_hdr650116429.jpgimg_20170921_1323434621764519753.jpg

稲荷神社の鳥居をくぐり抜ける。

水子地蔵を参拝🙏

img_20170921_130947780237006354.jpg

金運神社

img_20170921_132416968896837751.jpg

台座に財布を置いてお祈りすると金運があがるらしい。

それならばやっておきたいので!!

img_20170921_1325071821217216218.jpg

拝む🙏🙏

あっ!

金運という金目に目が眩んでたみたいだ。

すまんが、稲荷神社の写真を撮り忘れた!

こりゃ金運も何もない訳だ!

ということで一通り参拝を終え、お願いした御朱印を頂戴に参る。

心願成就してほしいわー。

ここで西来院達磨寺の参拝は終了。

 

中国で有名らしい沖縄そばwww

ちょうどお昼になったので、周辺で美味しいご飯屋さんをお寺の人に聞くと、首里そばさんを紹介してくれたので向かってみた!

この西来院達磨寺から徒歩3分ほどで到着!!

だいぶ混んでました。

img_20170921_13293877416700631.jpg

中国の旅行サイトで日本の外食店を紹介するミシュランガイドっぽいのがあるみたいで、その沖縄版でここの首里そばさんが載ったらしい。

どおりでチャイニーズマフィアっぽい人がたくさんいる訳だ!

とりあえずスタンダードに首里そばとおまけにじゅーしぃを注文。

混んでたので15分くらい待ってたのかな。

でもこういう時間は1時間くらいでも待てる俺。

だから無問題😛

そして着首里!

img_20170921_1342049341091244222.jpg

沖縄そばをあまり食べた事ないから、これからの旅で食べる沖縄そばの味は、これが基準になるな。

感想はあっさりしてるが、動物系のコクがあり美味い!!

あとコーレグースに大ハマり!!

コーレーグースは泡盛に島とうがらしをつけた物だ

この時点で自分用のお土産でコーレーグースを買おうと決めた。

 

ようやく首里城へ向かう

そしてここから首里城へ出発!!

途中散策しながら到着まで徒歩30分くらいかかった!

img_20170921_1412178872021038421.jpgimg_20170921_1415207131173850515.jpgimg_20170921_1418046141552250340.jpg

そして守礼門へ到着!!

img_20170921_1419011111780669675.jpg

沖縄の空にはこの朱色が映える。

img_20170921_1418149931739724651.jpgimg_20170921_1420526181573714856.jpgimg_20170921_1420397931061818185.jpg

道中歩くと観光客は中国、韓国、大阪の人?関西の人?が多い。

俺からすると関西の人、大阪の人は中国語を言ってると勘違いする事がたまにあるwww

俺は津軽弁だからフランス語を言ってると言われるけどwww

ビザの規制緩和と関空から沖縄へのLCCの飛行機代が安いから中国、韓国、大阪の人?関西の人?が多いのかな。

img_20170921_1422215301290345880.jpgimg_20170921_142202071160196807.jpgimg_20170921_1421377661951186151.jpgimg_20170921_150630695338898150.jpgimg_20170921_142327424_hdr624596467.jpgimg_20170921_1423323601025289301.jpgimg_20170921_1433555731399881494.jpg

そして入館料を払って首里城へ!!

入館料はこちら。

入館料金

対象区域:正殿・奉神門・南殿・番所・書院・鎖之間・黄金御殿・寄満・近習詰所・奥書院・北殿

大人 中人 (高校生) 小人 (小・中学生) 6歳未満
一般(20名未満) 820円 620円 310円 無料
団体(20名以上) 660円 490円 250円
年間パスポート 1,640円 1,240円 620円

ゆいレールの1日か2日券を持ってると割引が受けられます。

お城がお目見えになったけど修復中だった。

俺は持ってないなー。

この広場で少し歴史ロマンに30分くらい更ける。

その後、正殿の中へ参る!!

img_20170921_1456525591894161608.jpgimg_20170921_145424728800418190.jpg

img_20170921_1454455901841054347.jpg

こういうのって、なんかその場にいるかのように感じる。

img_20170921_1458484261386278032.jpgimg_20170921_150002706526750006.jpg

きれいな王冠がある。

img_20170921_145515717304870224.jpg

串が刺さっても大丈夫なのかwww

首里城の本殿の中に入るとガイドさんがいて、首里城の歴史をわかりやすく説明してくれる。

どうせここまで来るなら、入館料を払って入った方がいいに決まってる!!

首里城を目の前にして、引き返してた観光客も多かったけど。

首里城をゆっくり周ったあとは帰路に。

 

首里城の近くのお寺を行く

帰りの途中に円覚寺跡がある。

img_20170921_1512362961648147735.jpg

かつて首里城周辺には仏教の寺院や御殿(うどぅん)(王族や家臣の建物)等が多数あり、屋敷を囲む石垣や鬱蒼とした樹木と相まって王都の雰囲気を醸し出していた。その中でも寺院の代表的なものが「円覚寺」である。

この寺は1494年に創建された沖縄における臨済宗(りんざいしゅう)の総本山で、第二尚氏王統歴代国王の菩提寺であった。寺は禅宗(ぜんしゅう)の「七堂伽藍(しちどうがらん)」の形式で建造され、境内(けいだい)には多くの建物が配置されていた。

中でも仏殿は琉球建築の粋を集めた建築物で、内部中央の須弥壇(しゅみだん)には仏像が安置され、装飾が施されていた。1933年(昭和8)に総門(そうもん)、山門(さんもん)、仏殿(ぶつでん)等計9件が旧国宝に指定されていたが、すべて沖縄戦で破壊された。

その後1968年(昭和43)より復元整備が進められ、現在総門とその両側の石垣、右脇門、放生池(ほうじょうち)が復元された。なお、池にかかる放生橋は往時のもので、国指定重要文化財である。

近くの何だか忘れたwww

img_20170921_151101590570132254.jpg

害獣の孔雀がいた!

img_20170921_151132116916162365.jpg

羽を開かないからスルー。

また帰路の途中にお寺があったので、ついでに参拝。

変わった感じの外観だ。

万松院。

img_20170921_153110577_hdr319311706.jpgimg_20170921_1531378441370678813.jpg

万松院の本山は京都市右京区花園にある『妙心寺』というお寺です。広さにして東京ドーム約7個分、その境内には40もの塔頭が建つ、とても広いお寺です。臨済宗妙心寺派のお寺は、全国3400ヵ寺もあり、北は北海道、南は沖縄、海外はアメリカのハワイやロサンゼルス、スイスのチューリッヒ、台湾にと国際的に広がっています。インドの菩提達磨大師様から中国の臨済義玄禅師様を経て、妙心寺開山無相大師様へと受け継がれてきた一流の禅を宗旨・教義としている臨済宗妙心寺派の大本山です。

妙心寺派の教え

【生活信条】
一日一度は静かに坐って身と呼吸と心を調えましょう
人間の尊さにめざめ自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
生かされている自分を感謝し報恩の行を積みましょう
【信心のことば】
わが身をこのまま空なりと観じて 静かに坐りましょう
衆生は本来仏なりと信じて拝んでゆきましょう
社会を心の花園と念じて和やかに生きましょう

中へ入るとエレベーターがあったりとお金を持ってる印象を受ける、檀家が多いのかな。

img_20170921_15374809988840709.jpg

んで御朱印を頂戴した。

他にもお寺は意外にもたくさんあった。

ここは違うが、やはり沖縄独特の朱色の屋根瓦の造りになっていた。

思ったのは沖縄旅行のルーティンとして、首里城は何回も行ってもいいな(*^^*)

普通はビーチなんだろうけど。

ではまた次に!! 

続き 沖縄一人旅 其の三





まだまだ駄文ですが少しでもいいなと思ったら⏬の方をクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

にほんブログ村




人気ブログランキングへ


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




【お得で便利な宿泊サイト情報】


今キャンペーンでBooking.comアプリでクーポンコードを使えば¥2,000キャッシュバック!

クーポンコード kyagor22
URLはこちら【Booking.com】

特典を使うためには、クレジットカードデビットカードの登録して予約をするだけ!

チェックアウト後に登録したカードにキャッシュバックだ!


【必見!オススメの宿泊予約サイト】



色々と比較して見るならここ!!



旅先のホテル予約 観光スポットの口コミも見るならここ!!



見やすさ使いやすさ1番 キャンセル無料でお得な料金プランまで!!



何でもあり、何でも使える最強のポイントが貯まる!!



国内最大手の宿泊予約の定番サイト!





 - 沖縄一人旅, 御朱印