福井一人旅 其の十 福井観光と言ったら永平寺

      2018/02/28

福井の観光スポットと言ったら永平寺

この日は福井観光には欠かせない永平寺へ行って参りました!

 

永平寺は道元禅師が開いた曹洞宗大本山である。

道元は、鎌倉時代初期の禅僧。日本における曹洞宗の開祖。晩年に希玄という異称も用いた。同宗旨では高祖と尊称される。諡号は仏性伝燈国師、承陽大師。諱は希玄。一般には道元禅師と呼ばれる。徒に見性を追い求めず、坐禅している姿そのものが仏であり、修行の中に悟りがあるという修証一等、只管打坐の禅を伝えた。

詳しくはこちら道元禅師

 

禅の里と呼ばれていて修行の場でもある。

 

前日は常宿としていた、福井駅近くの福井ゲストハウスSUMMIE’Sに泊まっていたので福井市から出発だ。

 

福井駅から永平寺までの行き方

そしてまたまた登場!!

 

案内してくれる福井出身の彼女が、車で迎えに来てくれたので福井駅で待ち合わせをして出発。

福井駅から車で25分、ちょうどいいドライブになる。

 

駐車場は永平寺周辺にはたくさんあるが

でも、なんてったって福井きっての観光スポット!!

 

時期や時間帯によっては、駐車場も空いてない事もあると思う。

 

永平寺の駐車場はこちらを参考に。

永平寺の近くの民間の駐車場

駐車場案内

駐車場案内図

 

あと永平寺の近くにはたくさんお店がある。

 

いわゆる門前町だ!

 

そば屋さんやお土産屋さんもあるので、そこで飲食やお土産を購入すると駐車場代が無料になる。

 

門前町MAP

 

詳しくはこちら門前町

 

俺達は永平寺の目の前にある、お土産屋さんの駐車場に停めた。

 

お土産を購入するということで、お土産屋さんの人に車のカギを預けることになる。

 

帰りはお土産を買わないとカギを渡してくれないぞwww

 

駐車場の確保が面倒なら福井駅から永平寺へはバスがオススメ

バスで行くと駐車場代もかからず、それを見つける手間もないので、オススメできる!

 

その行き方も載せとくよー。

永平寺ライナー

福井駅東口→永平寺門前(バス) 約30分

福井駅から永平寺門前までの直行バスが毎日運行しています。
詳細は京福バスサイトにてご確認ください。

福井駅東口発→永平寺門前着時刻表

*は土日祝日及び年末年始(12月30日~1月3日)のみの運行です。ご注意ください。

福井駅東口発 9:20 9:50 10:50 11:50 12:55 13:50 14:50
吉野発 9:38 10:08 11:08 12:08 13:13 14:08 15:08
けやき台発 9:43 10:13 11:13 12:13 13:18 14:13 15:13
京善発 9:44 10:14 11:14 12:14 13:19 14:14 15:14
南校前発 9:45 10:15 11:15 12:15 13:20 14:15 15:15
市野々発 9:46 10:16 11:16 12:16 13:21 14:16 15:16
荒谷発 9:47 10:17 11:17 12:17 13:22 14:17 15:17
永平寺発 9:48 10:18 11:18 12:18 13:23 14:18 15:18
永平寺門前着 9:50 10:20 11:20 12:20 13:25 14:20 15:20

永平寺門前発→福井駅東口着時刻表

*は土日祝日及び年末年始(12月30日~1月3日)のみの運行です。ご注意ください。

永平寺発 9:00 10:30 11:30 12:30 13:30 14:30 15:30 16:20
荒谷発 9:01 10:31 11:31 12:31 13:31 14:31 15:31 16:21
市野々発 9:02 10:32 11:32 12:32 13:32 14:32 15:32 16:22
南校前発 9:03 10:33 11:33 12:33 13:33 14:33 15:33 16:23
京善発 9:04 10:34 11:34 12:34 13:34 14:34 15:34 16:24
けやき台発 9:05 10:35 11:35 12:35 13:35 14:35 15:35 16:25
吉野発 9:09 10:39 11:39 12:39 13:39 14:39 15:39 16:29
福井駅東口着 9:28 10:58 11:58 12:58 13:58 14:58 15:58 16:48

バスで行く方が楽かもしれんな!

 

お土産屋さんにカギを預けたので、永平寺へ参る。

 

永平寺は広いのでマップを。

少し見にくいと思うが。

 

そして最初の入り口だ。

img_20170209_1133458921847181354.jpgimg_20170209_121210212213839164.jpg

そしてそして、永平寺とは。

永平寺は1244年、道元禅師によって開創された『日本曹洞宗』の第一道場で、出家参禅の道場です。道元禅師は盛んに修行僧を指導されるとともに、修行僧が守るべき規則となる清規(しんぎ)を定められました。現在も当時のまま、約200人の修行僧がその修行生活に励んでいます。全国1万5千余の末寺の大本山である永平寺には、参拝に訪れる数多くの信者のための施設が整っています。

詳しくはこちら永平寺

 

ホームページもカッコいいぞ!

 

観光客も多かったが曹洞宗大本山だけに、ビックリするくらいたくさんの修行僧もキャリーケースを引いてこちらに来ていた。

 

修行僧とキャリーケースはミスマッチしていて妙な感じに見えたがwww

img_20170209_1133288381825116354.jpgimg_20170209_1211144321088903023.jpg

 

永平寺の参拝料金

永平寺を参拝するにはお金がかかる。

 

入り口の通用門

ここが参拝の受付だ!

 

御朱印も受け付けてる。

参拝料金

大人個人 500

小中学生 200

障がい者手帳をご提示の方 200円(付き添いの方は500円)

  • 団体割引無、一般参拝の場合は事前連絡は不要。
  • 未就学者は無料。
  • クーポン支払い可。

参籠(宿泊を伴う参拝)、その他については總受処までお問い合わせください。

住所 〒910-1294
福井県吉田郡永平寺町志比5-15
大本山永平寺 總受処
TEL. 0776-63-3102
FAX. 0776-63-3115

 

参拝料金を払ったら、ビニール袋を受け取り自分の靴を入れ持ちながら参拝だ。

 

まず中へ入ると立派な大広間がある!

 

傘松閣(さんしょうかく)の絵天井

img_20170209_1143256701353475484.jpg

座ってみたwww

絵はすごく素晴らしい!!

 

もっといい写真があるのでフリー素材から。

article_art002012_2.jpg

傘松閣の天井には、一面に230枚の絵が埋め込まれている。鯉2枚・唐獅子2枚・リス1枚の5枚を見つけると願いが叶うと言われている。

 

この情報を知っていたら探してたのに、あとで知ったので探さなかったwww

 

大広間を出て、ただのゴミ箱を発見したと思ったら。。

 

護美箱

1519208240046

元々ゴミ箱はこの漢字だったのか??

 

素晴らしい漢字で、元々そうであって欲しいと思った。

 

永平寺の廊下、階段はすごく綺麗でピカピカだ!

1519208244928

フリー素材からまた一枚。

日々の生活すべてが修行であるとの教えによって毎日磨かれている。寺内にある無数の階段や廊下はいつ訪れてもピカピカとなっている。日々の掃除は「動の坐禅」とも呼ばれているそうだ。

 

修行をちゃんとしているのがわかる!

 

俺が言うなって話だけど。

 

 

永平寺と言ったら 七堂伽藍(しちどうがらん)

70余棟の諸堂の中で中心となる禅宗建築七つの堂宇(山門、仏殿、法堂、僧堂、庫院、浴室、東司)を七堂伽藍と呼ぶ。この配置は坐禅姿を模しているとも言われている。ちなみに僧堂・浴室・東司(トイレ)は三黙道場と言って、私語禁止となっている。

 

ということなので、私語を慎みながら拝観することに。

 

山門

山門の廊下もピカピカ!

立派でカラフルな四天王像。

吉祥額と言う額。

1749年(寛延2年)8月に再建された永平寺最古の建物。修行僧が正式に入門する際に通る永平寺の玄関に当たり、正面の両側には「ここより先は厳しい出家修行の道場であり、求道心の在る者のみ門をくぐることが許される」という意味の言葉が記されている。中国唐時代様式の楼閣門で、両側には仏教の守護神である四天王を祀り、上部には吉祥山永平寺の命名の由来である「吉祥の額」、2階には五百羅漢(ごひゃくらかん)が安置されている。

 

この山門は永平寺の住職のみが通れる門みたいだ。

 

そして、永平寺に入山する修行僧が入山する時と、下山する時の二回のみ通れる門。

 

一般の人は門を通ると事は禁じられている。

 

ただし、門を横切ることはできるみたいだ。

 

大庫院(台所)

ただの台所ではない。

一般の寺院でいう庫裡(くり)に当たる建物。1930年(昭和5年)に改築され、1階には修行僧や参籠者の三度の食事を作る「典座寮」と呼ばれる台所。道元禅師は食事の作法を尊んでおられ、その精神に準じて食事が作られている。
玄関正面には足の早いことで有名な守護神「韋駄尊天」を祀っています。庫院前に掛けられた「擂粉木(すりこぎ)」は、永平寺の名物として知られています。 2階は来賓接待の間、3階は和室の150畳敷の「菩提座」と呼ばれる大広間となっており、多人数の宿泊から上膳(あげぜん)、時には法話、講義も行われる。

 

すりこぎ棒

「大庫院(台所)」前に、長さ4m・胴回り1mもの巨大なすりこぎが掲げてあります。「食事作法そのものが仏行」という教えが現れているのではないかと考えられる。3回なでると女性は料理が、男性はご機嫌取りが上手くなるといわれている。

 

これでご機嫌取りが上手くなったかな。

 

東司(お手洗い)

普通の便所。

 

ではない。

禅宗では三黙道場の一つでもあり、正面には「烏蒭沙摩明王(うすさまみょうおう)」を祀っている。道元禅師は身も心も清らかにする作法を示されるとともに、国土の清浄までお示しになっている。

 

たまにトイレの壁で見かけるこの上の言葉。

 

これが、元で日本のトイレは世界でも綺麗と言われているらしい。

 

仏殿

七堂伽藍の中心に当たる建物です。1902年(明治35年)の改築で、屋根は中国宋時代様式の二重屋根に、床は石畳となり、建築美が際立つ伽藍となっている。須弥壇(しゅみだん)と呼ばれる壇の中央には本尊の釈迦牟尼仏(お釈迦様)が祭られ、右に未来弥勒仏、左側に過去阿弥陀仏の三世如来を祀っている。欄間には禅宗の逸話が図案化された十二枚の彫刻がはめこまれている。

 

 

法堂

img_20170209_1149377801624150462.jpg

1843年(天保14年)に改築された禅師様の説法の道場。一般の寺院でいうと本堂にあたり、朝のお勤めなどの各種法要がこの建物で行われる。380畳敷の堂内は、中央に本尊「聖観世音菩薩」をお祀りし、階段の左右には阿吽の白獅子が置かれている。七堂伽藍の最も高いところに位置し、四季折々の美しい景色が眺められる。

 

僧堂(座禅堂)

このように座禅を組むみたいだ!

僧堂は修行の根本となる堂。「雲堂」「坐禅堂」とも呼ばれ、この建物で、坐禅・食事・就寝を行います。浴室、東司(お手洗い)と並ぶ三黙道場の一つで、約82人が就寝でき、164名もの雲水が坐禅修行をすることができる。堂内中央には智慧の象徴である文殊菩薩を安置し、そのまわりに坐禅のできる「単」と呼ばれる席が設けられている。なお、現在の建物は、1902年(明治35年)の改築された。

 

座禅、写経、参籠と色々と体験可能だ。

詳しくはこちら↓

座禅、写経、参籠体験

 

浴室

ただの風呂。

 

ではない。

浴室には水により悟りを開いたといわれる「跋陀婆羅菩薩(ばつだばらぼさつ)」を祀っている。三黙道場の一つで、水を大切に使い、身も心も清めるための大切な修行であるという考えのもと、入浴は作法に従って厳粛に行われます。禅宗では月のうち、四と九の付く日(四九日、しくにち)が入浴日と定められている。その他、夏場などには淋汗(りんかん)と称して沐浴が許されている。

 

 

道元禅師が眠っている場所

ここに曹洞宗の開祖道元禅師が眠っている。

承陽殿

img_20170209_1152202812002777253.jpg1519208228425

道元禅師の御真廟、いわばお墓にあたり、1881年(明治14年)に改装されました。日本曹洞宗の発祥の根源であり、曹洞宗の聖地ともいえる場所。奥の本殿は1981年(昭和56年)に改修されたもので、中央に御開山道元禅師の御尊像と御霊骨を安置し、左右に2代から5世までの御尊像を祀っている。階段下の拝殿には6世以降の永平寺歴代住職の位牌、左側には永平寺の開基波多野義重公の御尊像や道元禅師生家である久我家の位牌、全国の曹洞宗寺院住職の位牌などが祀られている。

 

歴史を感じながら拝みます🙇🙇

 

永平寺には道元直筆の国宝普勧坐禅儀がある

そして最後に国宝を。

 

永平寺の宝物殿、瑠璃聖望閣で拝観できる。

瑠璃聖望閣は永平寺の宝物殿。道元禅師直筆の国宝「普勘坐禅儀」をはじめ、重要文化財や書・絵画・書籍・器物など永平寺に伝わる宝物数千点、古文書など貴重な収蔵品が展示されている。その内容はもちろんだが、自由に閲覧できるようになっているのが凄い!

 

国宝 普勧坐禅儀

普勧坐禅儀』とは、日本曹洞宗の開祖である道元が、1227年に中国から帰国後初めて著した宗教書。全1巻。大正蔵続諸宗部No2580。 文字通り、万人に坐禅の実践を勧める内容となっている。

詳しくはこちら普勧坐禅儀

 

国宝を見ると感慨深く、テンションも上がり嬉しい限りだ!

 

一通り見て御朱印を受けとって戻る。

 

最後にお土産を買って、カギを受け取りお腹が空いたので、このあとはそばを食べに行くことに。

 

それではまた🙇🙇🙇🙇🙇

続きを読む 福井一人旅 其の十一





まだまだ駄文ですが少しでもいいなと思ったら⏬の方をクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

にほんブログ村




人気ブログランキングへ


bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




【お得で便利な宿泊サイト情報】


今キャンペーンでBooking.comアプリでクーポンコードを使えば¥2,000キャッシュバック!

クーポンコード kyagor22
URLはこちら【Booking.com】

特典を使うためには、クレジットカードデビットカードの登録して予約をするだけ!

チェックアウト後に登録したカードにキャッシュバックだ!


【必見!オススメの宿泊予約サイト】



色々と比較して見るならここ!!



旅先のホテル予約 観光スポットの口コミも見るならここ!!



見やすさ使いやすさ1番 キャンセル無料でお得な料金プランまで!!



何でもあり、何でも使える最強のポイントが貯まる!!



国内最大手の宿泊予約の定番サイト!





 - 福井一人旅, 御朱印