長野一人旅 其の六 いざ!!信州上田城へ!!

      2018/02/11

長野市から上田城へまずは電車で出陣!

前日、忍者になったつもりでいる俺です!

 

この日は信州上田城攻めだ!! 幸村、待ってろよー!

 

と意気揚々で長野市から一人で進軍するwww

 

この日はレンタカーを使わず、電車で出陣だ!

 

長野市からは電車1本で行ける。

長野駅からJR信越本線、軽井沢行きに乗ると直通で上田駅に着く。 所要時間は約40分で料金は770円。

ちなみに新幹線を使うと料金が1440円と倍となるが、約10分で着く。

忍び足のつもりで電車降り、上田市に到着!

 

真田家総出で揃って歓迎してくれたwww

この好意に上田城攻めはすぐに諦めた、というか毛頭になかったけどwww

 

そんなのは置いといて上田駅お城口から出て、すぐさま上田城方面へ。

 

その道の途中でまた曲者が現れた。

俺に対し、武器を持って威嚇している真田十勇士の一人、筧十蔵だ。

筧十蔵」は架空の人物だが実在した人物がモデルとされるている。

それは真田幸村に仕えた「筧十兵衛」と言う小姓である。

筧十兵衛は、真田家臣の筧虎秀(筧十兵衛虎秀)の長男として1573年に生まれた。

金六郎、掛飛十蔵、政右衛門とも呼ばれている。

父である筧虎秀は、真田家家臣と言っても一介の足軽に過ぎなかったが、敵の包囲を潜り抜け城門を丸太で突き破るという大胆不敵な戦功を挙げ、家来持ちの武将に出世したと言われる。

筧虎秀は真田幸隆真田昌幸の父子に仕えた重臣となったのだ。

そんなことから、筧十蔵は海野六朗兵衛や望月六郎兵衛らと同じように、真田幸村の小姓として仕えたようで、真田幸村家臣の最古参の1人となった。

筧十蔵は種子島銃を所持して、その腕前はかなりなものであったと伝わっている。

豪胆な性格だったといわれるが、真田幸村からの信頼も厚く、地味ながらも篤実な人柄の狙撃隊長として、真田十勇士の一翼を担い、真田幸村の影武者も務めた。

威嚇してるので引き返してみたwww

p_20160615_113346682992960.jpg

写真では少し鳥居の影から見えるのがいい感じ!

 

ここ上田天満宮で旅の無事を祈り、参拝する🙏🙏

 

参拝を終え、歩を進めると上田市観光会館の前にまた曲者が。

p_20160615_114141-11692612742.jpg

猿飛佐助だ!

 

面白い引用を使うwww

猿飛佐助は立川文庫の作り人物で真田十勇士の花形役者である。

手で印を結ぶと姿が消え、相手から見えないのでどんな豪傑でもテンテコ舞いさせることができた。

立川文庫の『真田幸村』では、忍術の名人として登場し、大活躍している。

霧隠才蔵とともに登場し、徳川方の軍評定の内容を探ったり、地雷火を仕掛けて、敵方を混乱に陥れたりする。

信濃の鳥居峠の麓に住む鷲尾佐太夫という郷士の息子である。

山中で猿の群れと遊び戯れているところを戸沢白雲斎という白髪の甲賀流忍術の名人に見込まれ、忍術の修行をしたあげく極意を授けられる。

鳥居峠にやってきた幸村に見出され、その家来となる。

東西の風雲急を告げるに及び、幸村の命令で天下の情勢を窺うため、清海入道と連れだって諸国漫遊の旅に出る。

東海道を東下し、家康のいる駿府城、または秀忠のいる江戸城に忍び込み、徳川方の内情を探る。

京都では、南禅寺の山門に住む石川五右衛門と術比べをする。

女・子どもなどの弱きを助け、山賊などの強きを挫き、懲らしめる。

大坂夏の陣の後、幸村とともに薩摩に落ちる。

思いっきり実在を否定されてるwww

 

史実にないから仕方がない。

 

長野はそばの名産地、そして上田ということで

その猿飛佐助がいた、上田市観光会館に併設されているそば屋さんに行く。

 

お店の名前は信州手打ちそば処、千本桜。

 

ラスボスと言われている小林幸子かよ!

 

と思ったが真田親子と一緒で名前に幸がつく。

 

もしかして小林幸子の本当の名前って真田か!ヽ(゚д゚ヽ)(ノ゚д゚)ノ!!

 

それよりもお腹が空いたので腹ごしらえだ!

 

上田城の入り口の目の前だけに混雑している。

 

メニューはパッと見てすぐに決めた!

 

どんな物かわからないが、小林幸子に似た店員さんに六文銭かき揚げ天ざるそばを注文!www

 

値段は1570円。

 

どんな物か期待して待つこと15分くらいかな。

 

幸子が来て、着六文銭!!

それが想像を超えた物だった!

 

かき揚げが大きいし、ちくわで六文銭を表現しているのも想像がつかなかった。

 

これはやられたー!!

 

そばは見えないから、まずはこの六文銭を食べなきゃ!!

 

と食べていくうちに、かき揚げだけでお腹いっぱいに。

 

そばは油でギトギトになっている。

 

観光だから頼んだが、そばに揚げ物は苦手だから苦痛だったwww

 

結局は六文銭かき揚げを残してしまった(^_^;)

 

そばの味も何もわからないままにどちらも残してしまった、申し訳ない😂

 

上田城と他の施設の入城料金

ここをあとして忍び足で上田城へ入城!

入館料は↓のこちら

■市立博物館常設展観覧料 【一般】300円 【高等学校以上の生徒・学生】200円 【小・中学校の児童・生徒】100円

■上田城南櫓・北櫓・櫓門 観覧料 【一般】300円 【高等学校以上の生徒・学生】200円 【小・中学校の児童・生徒】100円 ※観覧チケットは眞田神社入口近くの「上田城櫓観覧券売場」でお買い求めください。

■共通観覧料(市立博物館常設展及び南櫓・北櫓・櫓門の観覧) 【一般】500円 【高等学校以上の生徒・学生】300円 【小・中学校の児童・生徒】150円

■営業時間 08:30~17:00(入館は16:30まで)

■休館日 水曜日・年末年始・祝祭日の翌日

まずは東虎口櫓門へ。

櫓門の手前右に真田石がある。

真田石は東虎口櫓門右手の石垣にある高さ約2.5m・幅約3mの大石。

真田信之(信幸)が松代城移封にあたり父・真田昌幸の形見として持っていこうとしたところ、微動だにしなかったという言い伝えが残っています。

石にも意志があるってことか。

 

そりゃ石だもんな!!

 

東虎口櫓門を抜けると鳥居が。

p_20160615_1220111075900321.jpg

真田神社だ。

p_20160615_122127368748411.jpg

 

 

この地に真田の城があった当時、圧倒的な人数の徳川軍の猛攻を二度も凌いだのが真田昌幸、幸村親子です。

その見事な戦い方からやがて智恵の神様であり主祭神として崇められるのが真田幸村です。

しかし、もともとは松平家の御先祖をお祀りする御宮であり、松平(しょうへい)神社と称していました。

眞田神社は徳川体制である江戸時代になると仙石氏、松平氏と城主は変わっていきますが、いずれも民政に尽くしたということで祭神とされています。

真田幸村の肖像画が飾ってある。

詳しい幸村の事はこちらで真田幸村

真田幸村は大坂の陣で活躍し、「日本一の兵(つわもの)」とまで称された武将です。

戦国時代の最後の戦いを飾った武将として半ば伝説化したため、美化して語られることが多い人物でもあります。

ついでに幸村の祖父真田幸隆、父真田昌幸

満ち溢れる知恵が欲しいと思い拝む🙏🙏

ここで真田神社の御朱印をゲット!!

 

真田神社を先に進むと真田井戸がある。

眞田神社の境内に残る直径2m・深さ16.5mの井戸は真田井戸と呼ばれています。

この井戸は抜け穴になっており、城北の太郎山麓の砦や上田藩主居館(上田高校敷地)に通じていたという伝説が残っています

いつの時代の戦争もこのような穴はあるな。

 

真田神社の先を行くと本丸西櫓。

p_20160615_1228501714572327.jpg

櫓から見える景色。 まあまあいい景観としておこう!

上田城南櫓・北櫓・櫓門と見学だ! ここでは真田家の戦の歴史がわかる。

 

他にも資料はあるが写真はあまり撮らなかった。

 

中には朱印状があった。

日本において(花押の代わりに)朱印が押された公的文書(印判状)のことである。主に戦国時代から江戸時代にかけて戦国大名・藩主や将軍により発給された。

特に、江戸時代において将軍が公家・武家・寺社の所領を確定させる際に発給したものは、領地朱印状とも呼ばれる。

ちょっと貧相な駕籠だな。

ここの他に、上田城内にある市立博物館常設展も見学した。

本館は、この地方のかつての主要産業であった養蚕・蚕種業の象徴、蚕室造りをかたどって設計されたもので、上田地方の中世以降の歴史を通観できる歴史・民俗資料および自然資料を収蔵・展示しています。

特色ある収蔵品としては、歴代上田城主の甲冑ほかの上田藩関係資料、織田信長所用革胴服(重要文化財)、染屋焼コレクション(重要民俗文化財)、正保の信濃国絵図(長野県宝)、養蚕資料、古文書類などがあります。

なお、原始・古代にかかわる考古資料は、信濃国分寺資料館で収蔵・展示しています。

よくある町の博物館だけど、歴史がある町の博物館だから、好きな人は見ごたえがあると思う!

 

上田城のまとめ

上田城の城内は意外に広く、散策してゆっくりするのはいいと思う。

 

歴史好きにはたまらないが、興味のない人だと飽きるかも。。

 

一人旅で来るべきところかな。

 

次は上田電鉄別所線に乗り、別所温泉街に北向観音だ!

 

続きを読む 長野一人旅 其の七へ

【お得で便利な宿泊サイト情報】


今キャンペーンでBooking.comアプリでクーポンコードを使えば¥2,000キャッシュバック!

クーポンコード kyagor22
URLはこちら【Booking.com】

特典を使うためには、クレジットカードデビットカードの登録して予約をするだけ!

チェックアウト後に登録したカードにキャッシュバックだ!


【必見!オススメの宿泊予約サイト】



色々と比較して見るならここ!!



旅先のホテル予約 観光スポットの口コミも見るならここ!!



見やすさ使いやすさ1番 キャンセル無料でお得な料金プランまで!!



何でもあり、何でも使える最強のポイントが貯まる!!



国内最大手の宿泊予約の定番サイト!




まだまだ駄文ですが少しでもいいなと思ったら⏬の方をクリックお願いします。


にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ

にほんブログ村




人気ブログランキングへ


ブロトピ:国内旅行


パソコンとルーターさえあれば何でもできる、しかも最安値!!



 - 御朱印, 食べ歩き, 長野一人旅